myHAKUJIの白磁

ポーセラーツやポーセリンアート、チャイナペイントなどのクラフトで欠かせないのが白磁です。
ここでの白磁とは、白素地に無色の釉薬をかけた磁器のことをいいます。

その中でmyHAKUJIが取り扱っている白磁の種類は大きく分けると
ポーセリン(磁器)・ニューボーン・ボーンチャイナの3つです。

ポーセリン(磁器)

原材料として陶石、長石、珪石など石で作られています。
1300℃近い高温で還元焼成するため磁器は真っ白くなります。
ポーセラーツなどのクラフト向けに多く見かける一般的な製品です。

ニューボーン

ニューボーン(Newborn)=新しいという意味合いの白磁で、原料はポーセリン(磁器)とほとんど変わりません。
ただ、違う点としては1230℃~1250℃で酸化焼成されるため、焼き上がりがボーンチャイナのような暖色系の白になります。

ボーンチャイナ

ボーンチャイナは、酸化焼成を行うので肌色っぽい暖色系の白になります。
ボーン(Bone)の名前の通り、原料に牛のボーンアッシュ(骨灰)を加え、他カオリン、硅石、長石、蛙目粘土などを使用し、1回目の焼成は釉薬をかけず高温度で焼きます。
その後、フリット釉という一度焼いてガラスとなったものを砕いたものと薬をまぜて作った釉薬スプレーし、本焼成より低い温度で2回目の焼成である「釉焼き」をするのが特徴です。
焼き上がりは透光性に優れ、多くは柔らかな艶が特徴です。
お好みの白磁と出会えるようmyHAKUJIではポーセリン(磁器)からボーンチャイナ、高品質なファインボーンチャイナまでご用意しております。